自分らしい生き方を手に入れる場所「NPO法人アンガージュマンよこすか」:石井利衣子さん


【もっとつながろう!NPO 放送日:2012年7月19日(木)】

 今週からFMヨコハマで始まった「THE BREEZE」内コーナー「もっとつながろう!NPO」では、神奈川県内で活動するNPOを紹介しています。4回目の今回は、神奈川県横須賀市上町(うわまち)の商店街の真ん中で、不登校の子どもたち、ひきこもりの若者たちの居場所を運営しているNPO法人アンガージュマンよこすかの石井利衣子さんにお話を伺いました。

 アンガージュマンとはフランス語で「社会参加」という意味です。活動を開始したのは2004年4月。不登校・ひきこもりの当事者や家族の支援を行なっています。フリースペース、学習支援、就労支援、相談の4つの事業を行っており、若者の就労の場として「はるかぜ書店」という本屋さんの運営もしています。商店街の中に店があるため、イベントの手伝いなどを通して近所付き合いも自然に身に付き、働くことの意味や役割分担などもここで学ぶことができるそうです。人とのふれあいの中で、自分のペースで学んでいくと言うことを大切にしているとのこと。詳しくはポッドキャストをお聞き下さい。

[powerpress url=”https://kanachari.jp/blog/wp-content/uploads/mp3/20120719_NPO_fmyokohama.mp3″]
.
▽NPO法人アンガージュマンよこすか

http://engagement.angelicsmile.com/

はるかぜ書店twitter http://twitter.com/books_harukaze

【関連リンク】
▽ 不登校・ひきこもりを支援するアンガージュマン・よこすかブログ アンガージュマンしようぜぃ!!
http://blog.canpan.info/engagement/
▽ はるかぜ書店ブログ カレイドスコープ
http://blog.canpan.info/harukaze/
▽ ブログ de リエゾン団
http://blog.canpan.info/liaison/
▽NPO法人アンガージュマン・よこすかが「第10回就労支援ネットワークフォーラム」を開催 ‐若者の社会参加について考える(かなチャリ)
https://kanachari.jp/2263.html
▽NPO法人アンガージュマン・よこすかの石井利衣子さんが「かながわ若者生き生き大賞・キララ賞」を受賞(かなチャリ)
https://kanachari.jp/1887.html

この記事はFMヨコハマ「もっとつながろう!NPO」で放送された番組をもとに制作しています。「もっとつながろう!NPO」は7月16日〜8月31日/12月3日〜12月28日の平日毎日放送(12:23頃放送予定)。神奈川県内で活躍するNPOの皆さんの「ありがとう」エピソードを紹介しています。あなたも関わることができることがあるはず!
(協力:一般社団法人ソーシャルコーディネートかながわ