住友商事 東日本再生ユースチャレンジ・プログラム-活動・研究助成-(最大300万)が1日より募集開始〜NPO法人市民社会創造ファンドと協力、12日まで〜

 住友商事株式会社と、個人・企業・団体等からの多様な寄付や助成の受け皿となる専門的なコンサルテーション機能を備えた資金仲介組織(インターミディアリー)であるNPO法人市民社会創造ファンドは12月1日(土)より住友商事 東日本再生ユースチャレンジ・プログラム-活動・研究助成-を募集開始します。

 岩手県、宮城県、福島県及び被災者の避難先地域における支援活動を行っている20代ぐらいまでの方を対象にしており、また長期的支援も受けることが出来るようなので、被災地復興支援に継続的に取組まれていたり、新たな試みをしようと考えている方にはぴったりかも知れませんね。

「住友商事 東日本再生ユースチャレンジ・プログラム-活動・研究助成-」2013年度助成案件募集のお知らせ

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:中村 邦晴、以下「住友商事」)は東日本大震災に対する息の長い復興支援の一環として、2012年度より開始した「住友商事 東日本再生ユースチャレンジ・プログラム-活動・研究助成-」の2013年度助成案件の募集を開始しました。

2013年度では、2012年度と同様に、ユースが任意のチーム/サークル/グループで取り組む活動や研究をAコースとし、ユースがNPOや大学(院)等の組織において主体的に取り組む活動や研究をBコースとして助成していきます。また、ユースの息の長いチャレンジを応援するため、Bコースに限り、新規公募案件に加えて2012年度助成案件の内、団体が継続を希望し、選考委員会が妥当と判断した案件への継続助成もします。

なお、住友商事は、本プログラム実施の過程で助成対象となったユース同士の横のつながりを強め、互いに学びあっていける場を設け、ユースの活動の充実と本プログラムを通じてのユースの成長を応援していきます。ちなみに2012年度プログラムでは、12月1日、2日の両日、東京にて、2012年度助成対象全団体による中間報告会および公開シンポジウムを開催する予定です。

今後、ますます被災地の状況は、変化していくことが予想されますが、引き続き多様なニーズに応じた活動が求められています。被災地の再生と被災者の生活再建に向け、ユースの皆様の積極的なご応募をお待ちしております。

【参考資料】
2013年度 活動・研究助成 応募要項

【関連リンク】
▽住友商事株式会社 ニュースリリース
http://www.sumitomocorp.co.jp/news/2012/20121112_140002.html
▽NPO法人市民社会創造ファンド
http://www.civilfund.org/