綾瀬市で今年度から「市民協働事業」がスタートー3事業が決定

 綾瀬市で今年度から「市民協働事業」がスタートします。「市民協働事業」とは、市民活動団体等と市が協働して行う事業。市民活動団体等から市に対して7団体から提案があり、3事業が採択されました。一つの事業を提案したのは、NPO法人Voiceという演奏や清掃など福祉・環境における活動をする市民活動団体。6月には、最初の事業として「キャンドルナイト」が開催されるようです。

【引用】
同事業は市民提案型と行政提案型があり、いずれも提案に対し市民活動団体と行政とでマッチングを行い、承認された事業が実施される。2011年12月に公開プレゼン「市民協働市場」が開かれ協議され、事業調整会議を経て今年度3事案の実施が決まった。同市場には7事案が企画提案されていた。最初の事業「8万人のキャンドルナイト」は6月21日の開催で、提案した市民活動団体の「NPO法人Voice」らがPRに動き出している。全国で行われている運動「100万人のキャンドルナイト」に準じた企画で、夏至と冬至の夜に照明を消してロウソクの炎を眺める。大人にも子どもにも優しい心を育むことを目的とし、11年11月に同団体が綾瀬市文化会館前の広場で初開催した。

【情報源】
▽市民協働3事業始まる(タウンニュース 綾瀬版)
http://www.townnews.co.jp/0406/2012/04/20/142614.html
▽ 市民提案型協働事業(綾瀬市ホームページ)
http://www.city.ayase.kanagawa.jp/hp/page000023000/hpg000022933.htm
▽特定非営利活動法人 Voice(神奈川県ホームページ)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/02/0223/npo-etsuran/guide/gu1773.html