安心して暮らせるまちづくりを実践ーNPO法人秋桜舎コスモスの家が講演会を開講

 三浦市少年会館1階ホール(三浦市城山町1)で4月14日(土)、講演会「豊かな地域社会をつくる市民活動とは」が開催されます。主催は秋桜舎NPO法人コスモスの家(川崎市多摩区三田、渡辺ひろみ理事長)。

 NPO法人コスモスの家は、福祉サービス提供事業を通じた「安全・安心で 住み続けられるまちづくり」の実現を目指して、1989年10月に設立されました。「一番怖いのは孤独です」、「近くにおしゃべりできる場所が欲しい」という、一人暮らしになった高齢者の声をうけて活動をはじめた団体です。
 
 講演は2部構成で、第1部は講演「豊かな地域社会をつくる市民活動とは」。講師は、NPO法人秋桜舎コスモスの家理事長の渡辺ひろみ氏。渡辺さんは1934年大阪市生まれで、大阪市立大卒業後、66年に川崎市に移住。20年前に同市多摩区三田の団地で主婦たちが始めたミニデイサービスをNPO法人にし、同地域に住む子どもからお年寄りまでが安心・安全に暮らせるまちづくり活動を続けています。著書に「主婦たちが作ったミニデイサービス」(97年)、「デイサービスからまちづくりへ」(2005年)、「主婦たちが作った暮らしの砦」(11年)があります。

【引用】
 4月14日(土)に、住み慣れた地域で年を重ねても孤独になることなく、安心して暮らせるまちづくりを実践しようと、その参考になる講演会が開講される。

 会場は、市青少年会館1階ホールで、時間は午後1時30分から4時まで。

 第1部は、講演「豊かな地域社会をつくる市民活動とは」。講師は、NPO法人秋桜舎コスモスの家理事長の渡辺ひろみ氏。
 
 第2部は、「三浦市での取り組みの紹介」として、「トリプルP ハッピー子育て支援」(紹介者・松岡かおり氏)、「三浦市手をつなぐ育成会」(同・飯島和子氏)、「精神障害者のあすの福祉をよくする三浦市民の会 ぴあ三浦」(同・岩崎諭氏)の活動を報告する。

 問合せは、NPO法人コスモスの家【電話】046・880・1920まで。

【情報源】
▽安心できるまちに(タウンニュース 三浦版)
http://www.townnews.co.jp/0502/2012/03/23/139435.html

【参考リンク】
▽NPO法人コスモスの家