山梨県道志村水源林で間伐体験 - NPO法人道志水源林ボランティアの会が実施

 NPO法人道志水源林ボランティアの会(横浜市中区万代町3)が4月から11月にかけて、山梨県道志村の間伐体験の参加者を募集しています。間伐とは、混み合った木々を間引きして林内を明るくし、幹を太らせ、草木を生やすための手入れをすることです。
 希望者は実施日の1ヵ月前までに問合わせ申込み、集合場所・服装注意などの案内書を受けとってください。当日は朝7時50分に関内に集合。大型バスで道志村に入り、約3時間作業を行います。19時に横浜駅西口で解散の予定。作業班ごとにインストラクターが配置され、「能率より安全第一」を旨に作業します。
 山梨県道志村は横浜市が明治30年に水源として取水を始めた土地。村面積の36%を横浜市が水源林として管理している一方で、47%は間伐が放棄され、表土が流出。保水力が低下しており、整備が必要となっています。
 NPO法人道志水源林ボランティアの会は、横浜市水道局と協働で道志水源林の保全を行ってきた団体。「私たちの飲む水と水源の森は、私たち市民が守り育て、次の世代へと引き継ぐ」ことを基本理念とし、2008年から活動しています。

【引用】
水源林整備ボランティア活動
・NPO法人「道志水源林ボランティアの会」では4月から11月にかけて土日曜日9回・平日6回、計15回の間伐作業を行う。
・会員約350名、内女性は一割弱。常時、新規会員の募集をしているが、
・体験活動の希望者、毎回5名程度を12回の通常活動時に募集する。
・参加費、保険費は無料。
4月14日(土)、27日(金)
5月12日(土)、25日(金)
6月9日(土)、22日(金)
7月20日(金)
8月4日(土)、31日(金)
9月14日(金)、29日(土)
10月28日(日)

【情報源】
▽道志村の杉檜林の間伐体験募集 無料バスで(横濱タウン新聞)
http://bit.ly/FPjwar
【参考リンク】
▽NPO法人道志水源林ボランティアの会
http://www.doshi-suigenrin.jp/
▽横浜市水道局
http://www.city.yokohama.lg.jp/suidou/