認定NPO法人国連WFP協会(横浜市西区)が学校給食支援の輪をひろげる「レッドカップキャンペーン」で寄付を呼びかけ

 認定NPO法人国連WFP協会(安藤宏基会長、横浜市西区みなとみらい)は、子どもたちの健全な成長と教育機会を広げる「学校給食プログラム」を強化するために「レッドカップキャンペーン」を展開しています。

 キャンペーンは、個人や、賛同企業各社から寄付を受け付けるほか、WFP学校給食支援の「寄付付き」の商品を販売してもらい、多くの人々に世界には飢餓で多くの幼い命が失われていること、食べるために働いて学校に行けない子どもたちがまだまだいることを知ってもらい、協力を働きかけるものです。寄付には、毎月継続的なご寄付をする「WFPマンスリー募金」と、一回のみの寄付の2種類の方法があります。

 1996年10月、横浜市に開設された「WFP 国連世界食糧計画」日本事務所は、日本政府との連絡業務、企業や各種団体・NGO との協力関係の推進、および広報活動を行っています。日本で「WFP」を支援するNPO法人として、「NPO法人国際連合世界食糧計画WFP協会(国連WFP協会)」(横浜市西区みなとみらい1)が、企業や各種団体との連携を深めたり、募金を集めたりするなど民間協力の窓口として活動しています。国連WFP協会は2005年8月に「認定NPO法人」として認可されています。

【引用】
 2011年、レッドカップキャンペーンが始まります。
今、世界には飢餓で多くの幼い命が失われていること、
食べるために働いて学校に行けない子どもたちがまだまだいること、
この状況を多くの人に伝え、一人でも多くの子どもたちに
学校給食を届けるためのキャンペーンです。

目印は、WFPが給食を入れる容器として使っている、赤いカップ。
赤いカップは、子どもたちの未来への希望のシンボル。
このカップを目印にして、皆さんに学校給食支援に
ご協力いただく機会をご用意します。

皆さんの力で、給食が届く、世界がより良くなっていく、それがレッドカップキャンペーンの願いです。

【情報源】
▽ RED CUP CAMPAIGNとは|RED CUP CAMPAIGN|地球の飢餓を救え。(国連WFP協会)
http://www.redcup.jp/about/

【関連情報】
▽RED CUP CAMPAIGN|地球の飢餓を救え。(国連WFP協会)
http://www.redcup.jp/
▽国連WFP協会
http://www.wfp.or.jp/kyokai/
▽レッドカップキャンペーンFacebookページ
http://www.facebook.com/WFP.JP