キララ賞をNPO団体(さんわーくかぐや、三浦半島生物多様性保全)の若者2人が受賞~黒岩神奈川県知事を表敬訪問し活動を報告

 神奈川県内で福祉、環境、国際交流など、さまざまな分野で活動している若者を表彰する生活クラブ生協・神奈川の第22回キララ賞(かながわ若者生き活き大賞)を、NPO法人「さんわーくかぐや」(藤沢市)副理事長の藤田靖正さん(32)と、NPO法人「三浦半島生物多様性保全」(横須賀市)理事の天白牧夫さん(26)が受賞。このほど、黒岩祐治神奈川県知事を訪ずれ、活動を報告した。

 藤田さんは藤沢市在住の木彫家として活躍しながら、農作業と創作活動を通して障がい者の自立を促している。神奈川県が進める「新しい公共支援」に関心を持ち、地域のために、障がい者福祉をやりたいと、NPO法人を立ち上げたという。地域の人が交流し合い、効率至上主義でない、共に支え合う新しい社会づくりを目指している。

 天白さんは、本大学大学院で生物環境科学を学ぶ、横須賀市在住の大学院生。中学2年生の時に、自然観察会などを行う市民団体に参加して以来、環境保護活動に関わってきた。三浦半島の里山と、そこに棲む生き物たちの多様性を守るために、NPO法人「三浦半島生物多様性保全」を立ち上げ活動している。

 生活クラブ生協・神奈川のメンバーとともに神奈川県庁を訪問した藤田さんは、黒岩知事に障がい者福祉への想いを語り、「藤沢市障がい者事業所案内」を自ら作成中であることを説明。「障がい者のことをもっと知ってほしい」と話した。天白さんは、今後の抱負とともに、外来生物の防除対策の必要性や生物の多様性の保全などの基本的な計画である「生物多様性地域戦略」について神奈川県に策定を要望した。

【関連リンク】
▽かながわ若者生き活き大賞キララ賞(生活クラブ神奈川)
http://kanagawa.seikatsuclub.coop/kirara/
▽NPO法人「さんわーくかぐや」
http://www.sunwork-kaguya.com/
▽NPO法人「三浦半島生物多様性保全」(神奈川県ホームページ)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/02/0223/npo-etsuran/guide/gu3255.html