知的障害のある人たちと触れ合うすべての人々が感動を共有できれば。「認定NPO法人スペシャルオリンピックス日本・神奈川」:山ノ内 尊雄さん


【もっとつながろう!NPO 放送日:2012年12月26日(水)】
 FMヨコハマで好評放送中の「THE BREEZE」内コーナー「もっとつながろう!NPO」では、神奈川県内で活動するNPOや市民団体を紹介しています。
 53回目の今回は「認定NPO法人スペシャルオリンピックス日本・神奈川」事務局長の山ノ内 尊雄さんからお話を伺いました。

 「認定NPO法人スペシャルオリンピックス日本・神奈川」は、知的ハンディのある人達に、彼らの自立と社会参加の促進を目指したスポーツトレーニングプログラムと、その成果の発表の場である競技会を提供することを目指し、活動しています。
 
 山ノ内さんは「人は認められる場がとても大事だと思います。例えば、普通の人と一緒にスポーツをやってもなかなか上手にならなくてスポーツが嫌いになる人も多いと思います。スペシャルオリンピックスは全ての人を受け入れるので、ほめられたり、認められ、彼らが受け入れられている、と感じられるような環境により、どんどん上手になっていきます。小さい頃から外に出ないケースも多いので、まずカラダを動かしていき、それからルールを覚えていく。そして色々な人と関わっていくことにより、彼らの自立、社会進出を推進することになるのではないかと思っています。彼らが素直で、正直だなというのが一番良い所ですね。また、コミュニケーションは言葉だけでなく、表情・態度をずっとみることにより、自分自身のコミュニケーション力、とくに察する力の成長にも繋がっていると思います。」と話しています。

 詳しくはPodcastをお聴きください。

[powerpress url=”https://kanachari.jp/blog/wp-content/uploads/mp3/20121226_NPO_SONK.mp3″]


▽「認定NPO法人スペシャルオリンピックス日本・神奈川」


http://www.son-kanagawa.com/

この記事はFMヨコハマ「もっとつながろう!NPO」で放送された番組をもとに制作しています。「もっとつながろう!NPO」は7月16日〜8月31日/12月3日〜12月28日の平日毎日放送(12:23頃放送予定)。神奈川県内で活躍するNPOの皆さんの「ありがとう」エピソードを紹介しています。あなたも関わることができることがあるはず!
(協力:一般社団法人ソーシャルコーディネートかながわ