- 概 要 -

ふるくから自然とのふれ合いは、私たちに豊かな感性や安らぎを与え、人間関係や人間形成に多大な影響を与えてきました。ゴミを拾いながらの野山ハイキング、自分で食べるための魚を釣って、さばいて調理して、命の大切さを知る海辺のキャンプ、かまくらを作ってそり遊びをして、大変ながらも感動する雪国生活体験など。未来を担う子どもたちに自然とのふれあいを通じて、環境に関する知識やルールの大切さ・協調性、生きることの大切さを学んでもらうための活動をしています。

- 設立のきっかけ -

自然とふれ合う機会が減少する昨今、社会のモラルの低下や犯罪率の増加につながる悪循環を危惧し、青少年への情操教育を高めるために設立しました。

- 活動していてよかった!と思うエピソード -

活動に参加して頂いた方からの「また行きたい」というメッセージや、子どもたちのはちきれんばかりの笑顔を見たとき。また、子どもたちだけの活動の中にも、次第にルールや役割が決まっていき、自己責任意識やリーダーシップが生まれるのを感じた時はとてもうれしく思います。

- メッセージ -

各イベントは登山経験豊富な会員やキャンプインストラクターの資格を持った会員等が責任をもって同行し、指導しています。親子、ご家族での参加をお待ちしています!

NPO法人 ふれあい自然塾

神奈川県相模原市緑区西橋本1丁目16番18号|042-774-8113|
http://www.fureai-shizen.or.jp/

参加する

©2013 yonyaoshi taikoban project