- 概 要 -

このまちに暮らすさまざまな人が今よりも深くつながっていくことが、「ぐらす・かわさき」の願いです。親子ひろばや、健康麻雀など、地域の人たちが集う「遊友ひろば」や、地域の食と農の交流拠点として、地場野菜とそれを使ったお弁当の販売や、ワンデイシェフなどコミュニティビジネスの支援活動を行う「メサ・グランデ」を運営しています。また市民や企業の寄付の受け皿として、川崎の地域・市民ファンドの設立をめざし、現在試行事業も行っています。”人と人とのつながり”を通して地域を豊かにするために活動しています。

- 設立のきっかけ -

市民活動が活発になるためには、それを応援する「場」と「人」が必要でした。「夫の遺産を地域で市民自治の力を育てるために」という申し出が、設立のきっかけとなりました。

- 活動していてよかった!と思うエピソード -

取り組み活動をサポートしたNPOの方から、「市民活動の経験がまったくなく、無謀にも若年認知症の支援をスタートさせた私にとって、ぐらす基金、道案内が力となって今があると心底思っています」というメッセージをいただいたときです。

- メッセージ -

今後、川崎に市民が市民を支える市民ファンドを設立し、地域を支える仕組みを作っていきたい。みんなで自分たちのまちを自分たちで楽しく元気にしていきましょう!

NPO法人 ぐらすかわさき

神奈川県川崎市多摩区登戸2258 ハウス911|044-922-4917|http://www.grassk.org/

参加する

©2013 yonyaoshi taikoban project