今、「社会のために何かできることをしたい!社会に貢献したい!」と思う方が増えています。でも、毎日忙しくて、何から始めたらいいかわからないという方も大勢いらっしゃることでしょう。そんな方に一番適している社会貢献、それが「寄付」です。

地域課題の解決のためにがんばっているNPOがたくさんある中、せっかく寄付をするのだったら、人や社会の役に立ててほしいという想いをきちんと受けとめて、カタチにしてくれる団体を探したいですよね。

ここでは、寄付先を選ぶときのヒントをいくつかご紹介します。

自分の関心に合った団体を探そう

普段、生活をしていてどんなことが気になりますか?将来に対する漠然とした不安、自分や家族の健康、子育てや家族関係の悩み、職場や学校での問題、災害への備え、人のつながりの希薄さなど、さまざまなことがあると思います。NPOは、生活に根ざした課題から、社会の大きな問題まで、いろいろなテーマや方法で「社会をより良くしよう!」と活動をしています。あなたがまだ気づいていなかった社会の課題に応えようとしているNPOがあるかもしれません。まずは、どこでどんなNPOが活動をしているのか、探してみましょう。

団体の活動を知ろう

気になるNPOが見つかったら、まずは団体が公表している情報(ホームページやブログ、SNS、会報、事業報告書など)を見てみましょう。最近はインターネットを通じてさまざまな情報をパソコンで閲覧できるようになっています。 もっとも良い方法は、団体に直接問い合わせることです。 その団体が「誰のため(何のため)に」「どんな活動をしているのか」「そのために寄付をどんなことに使うのか」を確認することが大切です。お時間があれば、団体が主催するイベントや活動に実際に参加して確かめてみるのもよいでしょう。

寄付先選びを誰かに任せたいときは

最近では、寄付を募って地域で活躍するNPOなどに助成 する「市民ファンド」が、県内でも増えています。寄付先をいちいち探すのは手間がかかるという方には、「市民ファンド」を通じて応援するという方法もあります。

市民ファンドに関する情報は、神奈川県NPO協働推進課のホームページhttp://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f531305/p838939.html

をご覧ください。

寄付をした方への税制上のメリット

NPO法人の中でも、事業活動や運営面、経理面など、国や県、市町村が定める厳しい基準をクリアした「認定NPO法人」、「指定NPO法人」というものがあります。「認定NPO法人」や「指定NPO法人」は、信頼性や透明性が高く、これらの法人に寄付すると、税制上の優遇措置を受けられます。

認定NPO法人・指定NPO法人に関する情報は、神奈川県NPO協働推進課のホームページhttp://www.pref.kanagawa.jp/div/0223/

をご覧ください。