起業家支援財団が、「YSBスクール・第3期受講生」の参加者を募集!~社会起業家の事業継続のために、即実践プログラム

 公益財団法人・起業家支援財団(横浜市中区北仲通3-30)主催の「YSBスクール」が、関内フューチャーセンター(同)で開講する「第3期受講生」を募集している。

「YSBスクール」とは、社会起業家の事業継続の支援に特化したビジネススクールのこと。NPOやベンチャー企業のために、継続できる事業体への変革支援や、公の仕事を受注・運営できる力を養成するなどが同スクールのねらい。同事業は、「神奈川県新しい公共の場づくりのためのモデル事業」の一環。

 日程は、1月16日~3月2日の水曜(18時30分~21時)と土曜(9時30分~12時30分、13時30分~16時30分)。講師陣は、社会的企業支援の専門家 ベンチャー支援・起業支援の専門家、社会起業家(メンター)などで構成され、講義、ワークショップ、ディスカッション、交流会、プラン発表会、「愛のあるダメ出し道場」などがある。社会課題の解決に役立つ事業計画を作るための概念から、社会企業、助成金、法人設立などの最新事例の紹介など実践に役立つ知識まで、社会起業家のビジネスプランづくりに必要な授業を無料で受けることができる。

 第3回目の今期は、メンター起業家として、玉田さとみ氏(NPO法人バイリンガル・バイカルチュラルろう教育センター)や川上祥子氏(特定非営利活動法人キャンサーネットジャパン)などが登壇する。

 起業家支援財団・ディレクターの森将隆さんは「YSBスクールでは事業継続に特化したカリキュラムを組んでいます。例えば、『行政から仕事を受託するための提案書作成』。行政へアプローチ方法・提案書作り・プレゼン方法など実践に活かせるカリキュラムです。
『継続して社会的企業を作りたい』『継続した社会的企業にしたい!』と考えている方がいらっしゃいましたらぜひご応募下さい」と話している。

 受講対象者は、事業の継続が困難な社会的企業 (NPO法人・株式会社など)▽社会的事業に参入希望する企業 (ベンチャー企業など)▽社会的事業で起業を考えている人 (新しい働き方に関心がある人を含む)。定員は50人。定員に達し次第締め切る。申し込みは、同財団(YSBスクール)のHPへ。
 
起業家支援財団は、将来起業家を志す大学生・大学院生などに対する学生起業家支援事業、若手起業家や企業幹部に対する青年起業家支援事業などを展開している。昨年度まで、「iSB公共未来塾」の横浜地区での運営を担当している。

【関連リンク】
▽YSBスクール
http://ysb-yokohama.org/
▽公益財団法人・起業家支援財団
http://www.shienzaidan.or.jp/
▽神奈川県新しい公共の場づくりのためのモデル事業
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f7782/p324976.html