吉田町・関内地区で「防火帯建築」の見学セミナー開催。アートの街として生まれ変わった「横浜近代建築」の新しい姿を楽しめます

 9月8日、横浜の吉田町、関内地区で「防火帯建築見学セミナー」が開催されます。
 「防火帯建築」とは、戦災復興事業の一環で、街の防火を目的に1952年(昭和27年)に施行された「耐火建築促進法」に基づく防火建築帯造成事業に沿って建築されたもの。
 都市の中心部に地上3階以上、 高さ11メートル以上の耐火建築物が帯状に建設された防火帯を作ろうという目的で、防火建築帯は長屋形式の共同商店建築で、共同化による都市の高度利用も目的としていました。
 
 横浜の吉田町、関内地区にはこうした「防火帯建築」が多く残されており、「バーとアートの街」としてまちづくりを進めています。
 今回のセミナーは「歴史を生かしたまちづくり」に取り組む一般社団法人 横浜歴史資産調査会「ヨコハマヘリテイジ」が講師を務めるセミナーと街の見学会です。

当日は、吉田町のライブラリーカフェ「Archiship Library&Cafe(飯田善彦建築工房)」(中区吉田町4)で、防火帯建築についてのセミナーを受けた後に、吉田第一ビルに9月1日にオープンした劇場「十六夜吉田町スタジオ」と同ビル内のアーティストのシェアハウスを見学。
その後、関内地区の防火帯建築を見学し、泰生ビル(中区相生町3)のシェアオフィス「さくらWORKS<関内>」で解散の予定。講師は、都市イノベーションを研究している横浜国立大学建築学部の藤岡泰寛さんが務める。

開催時間は10時30分~13時。定員40人。参加費は一般800円。

【情報源】
▽横浜歴史資産調査会が吉田町・関内で「防火帯建築」見学セミナー(ヨコハマ経済新聞)
http://www.hamakei.com/headline/7268/

【関連リンク】
▽一般社団法人 横浜歴史資産調査会 YOKOHAMA HERITAGE
http://www.yokohama-heritage.or.jp/