ユース・フォー・ヒューマンライツ・ジャパンが高校生対象の「ボランティア塾」で人権の授業

神奈川県立鶴嶺高校の生徒を対象に、地元のNPO団体を集めた「ボランティア塾」(茅ヶ崎市民活動サポートセンター主催)が11月22日開催されました。主催したのはロサンゼルスに本部を置く非営利活動団体で、未来を担う青少年たちが「寛容と平和」のよき模範となれるよう、人権について教育することを目的にしている「ユース・フォー・ヒューマンライツ・ジャパン」が、社会人になってからのボランティアや人権の大切さについて知ってもらうための授業を行いました。

【引用】
神奈川県鶴峰高校の生徒を対象に地元のNPO団体を集め、「ボランティア塾」(茅ヶ崎市民活動サポートセンター主催)が11月22日開催され、「ユース・フォー・ヒューマンライツ・ジャパン」が、テーマに関心を持つ生徒らを集めて、社会人になってからのボランティアや人権の大切さについて知ってもらうための授業を提供しました。
授業では、普段は営業マンでもあり、講師である兼松氏が「幼い頃、広島の原爆ドームを観て、なぜ世界で戦争や紛争が絶え間なく勃発し、今でも子どもたちが少年兵として駆り出され、命を落すのかを考えた。日本は物質的には恵まれているが、13年連続して年間自殺者数3万人を超える現状は、陰湿ないじめや虐待の結果だと思う。」と伝え、生徒に人権の意義とその実情について話しました。
授業前には「堅い、難しそう。」という生徒たちの反応でしたが、最後に、ユース・フォー・ヒューマンライツが制作した国連の提唱する世界人権宣言の公共CM(「30の権利、30の広告」)を鑑賞し、「こんなにたくさんの人権があることを初めて知りました。いつも日常的にやっていることは、このような法で守られていることに驚きました。」と感想を述べました。

【情報源】
『高校の「ボランティア塾」で人権の授業を提供』-高校生たちが参加して世界人権宣言を学ぶ-(ValuePress!)
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=88788

【参考リンク】
ユースフォーヒューマンライツホームページ
http://humanrights.sub.jp/